ブロリコ 白斑

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコで白斑が治せるか気になったのですが!?

 

 

皮膚の疾患の中でも白斑で悩んでいるという方もいると聞きます。白斑があるけどなかなか治らないというのは本人にとっても悩みの一つではないかと思います。なんとななるものであればしたいと・・・。

 

そこで、この記事ではブロリコを飲むことで白斑が改善されるのかを詳しく調べてみようと思います!!

 

ブロリコの効果が凄いと口コミでは人気です。癌予防や風邪の予防、さらに口内炎などの症状改善にも効果が期待できると言われています。そうなれば、白斑にも効果が規定できるのでは(。´・ω・)?

 

 

ブロリコ以前に、白斑の原因が分からないと・・・。

 

 

 

ブロリコの前にですが、白斑がなぜ起こるのかをまとめておこうと思います。いくらブロリコの効果を調べても、白斑の原因が分からなければ改善は難しいでしょう。

 

白斑は、皮膚の「メラノサイト」と呼ばれる色素細胞が弱くなったり、消失したりすることで皮膚の疾患です。一部の色が白く抜けてしまう、後天性の皮膚疾患です。現状では原因が絶対というものではないのですが以下が原因として有力視されています・・・。

 

 

自己免疫の過剰反応によるもの

 

先ず挙げられるのが自己免疫疾患です。本来人は細菌やウイルスから体を守るために免疫(抗体)が働いています。自分自身の細胞を敵と勘違いしてしまい、攻撃するために起きる疾患です。

 

白斑の場合は、甲状腺疾患などの自己免疫疾患との合併症が多ですメラノサイトを攻撃する抗体が高い確率で検出され、自己免疫との関連性が考えられています。

 

 

神経の異常によるもの

 

次に考えられうのが神経伝達の以上です。白斑が現れる範囲が神経にそって現れる事が稀にあります。また、神経の末端部分から分泌されるホルモンが、皮膚の色素細胞であるメラノサイトにも影響を与えていると考えられています。

 

 

メラノサイト(色素細胞)の自己破壊によるもの

 

紫外線などの刺激を受けると、皮膚にある色素細胞のメラノサイトが、メラニンと呼ばれる色素を生み出してバリアを張ります。そのメラニン生成の過程で、代謝されて発生する物質に毒性があり、うまく処理できないからというのも原因ではと言われています。

 

 

活性酸素によるもの

 

皮膚の代謝がうまく行われず、活性酸素が増加すると、メラノサイト(色素細胞)が傷つくことがあるといわれています。この活性酸素によるダメージも原因の一つと考えられています。

 

 

※その他にも、遺伝によるものや精神的なストレスなども関係していると言われます・・・。

 

 

ブロリコは、結局のところ白斑に効果あるのかと言うと!?

 

 

ブロリコは白斑に効果が期待できるかという事ですが、大変申し訳ないのですが効果があるかは使ってみないと分からないという事です。ブロリコは決して病気の症状を治す医薬品ではないので、白斑が治るとは言い難いのです。

 

確かにブロリコを飲むことで免疫力がアップするので何らかの症状が体に現れる可能性はあります。ですが、それが白斑を治すとはここでは何とも言えないとしか言いようがないのです。(ちなみにここで治るというと薬事法に違反したことになりますし・・・。)

 

ですので、結局は曖昧な記事になりましたが、興味があるのであればブロリコを試してみても良いのではという事ですねorz

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加