ブロリコ 添加物

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコにも添加物は含まれているのだろうか!?

 

 

ブロリコは免疫力アップに効果が期待できるという事で人気があるサプリメントです。特に免疫力が衰える高齢者に愛用者が多いという事はまぎれもない事実です。ですが。サプリメントというと、どうしても気になるのが本当に安全な成分なのかという事です。

 

特にですが多くの方がサプリメントで気にするのが添加物ではないかと思います(。´・ω・)?

 

添加物というと、人体に有害なイメージがあり、購入しようと思っても添加物があると抵抗が出てしまうものです。ブロリコにも添加物が含まれているのか、そして、もし添加物が含まれているなら安全なのかという事が気になるところではないでしょうか??

 

そこで以下にはブロリコの成分を全てピックアップし、そこに含まれている成分の特徴を詳しくまとめてみました。興味がある方は参考にしてください(・∀・)b

 

 

ブロリコに添加物が含まれているか、全成分をチェック!!

 

 

【ブロリコの成分】
ブロッコリー抽出物粉末、麦芽糖/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

 

  • ブロッコリー抽出物粉末 ・・・ これがメインの材料です。
  • 麦芽糖/結晶セルロース ・・・ 有効成分を錠剤の形にするために加えられます。
  • ステアリン酸Ca ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。
  • 微粒酸化ケイ素 ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。

 

この様にブロリコの成分というのは驚くほどシンプルなのが分かるかと思います。そして問題の添加物が配合されているのかですが、麦芽糖/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素という成分が配合されていました。

 

こう聞くと、「なんだ〜!?ブロリコにも、結局添加物が配合されているんだ・・・。」ともうかもしれませんが、実際にはこれらの添加物は安全性が悪人されているものです。つまりサプリメントを錠剤として製品化する為に最低限必要な添加物という事です!

 

見ても分かる事ですが、本当に必要最低限の添加物だけなので副作用の危険性はほとんどないということが分かります。ですので、ブロリコの添加物に関しては心配しなくてよいのではないかと思います(・∀・)b

 

 

ブロリコには添加物の危険性が殆どないけど・・・。

 

 

上記で説明したように確かにブロリコには添加物の危険性は極めて低いです。ですが、やはりブロリコも正しい飲み方を心がける必要があります。最近は健康ブームに加え、高齢化がどんどん進んでいます。

 

体のいたるところに不調を訴えるがためにいくつもの医薬品やサプリメントを服用している方も少なくないと聞きます・・・。

 

ブロリコ単体では副作用などそれほどは心配がないでしょうが、いくつもの医薬品やサプリメントを同時に併用するとなると話は別でしょう。成分の過剰摂取になり、どのような効果が体に現れるか分かりません。

 

もし、本当にブロリコの安全性を考えるなら生活そのものを見返してみてはと思います。その上で、ブロリコを使用する事が本当の意味でブロリコの安全性ではないかと私は思うのです(´∀`*)ウフフ

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加