ブロリコ 東大

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコは東大と共同研究で特許取得したのは、本当なの!?

 

 

ブロリコは免疫力をあげて病気になりにくくなる効果が期待できるという事で人気があります。そして、ブロリコの公式式サイトを見ると謳い文句に「東大との共同研究で特許取得」となっていました。でも、どの様な研究で本当に特許なのか気になるところです(。´・ω・)?

 

いくら東大が凄い研究機関であっても、私たち一般人にとってはよく分からないところです。それに特許と言っても、そんなに凄い効果がある成分なんだろうかと思わずには言われないのも事実です・・・。

 

そこで以下に、ブロリコと言う成分が東大との共同研究で本当に特許と取得したという証明と、その研究内容を詳しくまとめておきました。ブロリコと言う成分がどんなものかイメージするのに参考になると思います(#^^#)

 

 

ブロリコは東大との共同研究で特許取得は間違いないです!!

 

早速ですが、私もブロリコが本当に東大と共同研究で特許を取得しているのかを調べてみました。以下に紹介するのは、実際に公式サイトから抜粋した内容です。つまり事実だからこそ掲載されているという事です。

 

 

そもそもブロリコは民間企業と東大と5年間の共同研究によりブロッコリーから世界で初めて発見された成分です。世界で初めて哺乳類の代わりにカイコを用いて免疫力を測定する方法を発見(国際特許取得)この測定方法によって、発見された成分です。

 

国際特許を東京大学と共同で保有しています。※日本:5394233,5491082 米国:8313779 欧州:2133693※

 

自然免疫を高めると言われるアガリクス、ハナビラタケ(有効成分はβグルカン)の55倍、メカブフコイダンの60倍、プロポリスにおいては1000倍以上もブロリコの免疫活性がパワーが強いことを確認されています。

 

臨床試験を実施し「自然免疫」を保つことも証明されています。学術論文「薬理と治療」にも掲載されています。三菱東京UFJ銀行主催のアワードRise Up Festa2014「先端医療・医薬品・医療機器」部門にて最優秀賞も受賞しています。

 

 

ブロリコはどんな方に効果が期待できるのか!?※人への働きについて※

 

では、ブロリコが東大と共同共同研究で特許を取得していることは分かったけど、では、どん方に効果が期待できるのかという事です。それが分からないと購入もなかなか踏み切れないという方も多いでしょう。

 

そこでブロリコを購入している方の悩みを統計で示してみると以下にようになりました。

 

 

やはり人の健康上の悩みで深刻なのは”がん”と言うことが分かります。がんが進行する理由の一つに免疫力が低下して、がん細胞の増殖する事があげられています。がんの疑いがある方は、すでにがんが進行している方は何が何でもがんを克服したいと思うところでしょう。

 

基本的に病院などで処方される医薬品や病状を改善するためですが、人本来の元々の治癒力をアップする為ではないのです。そこでブロリコで治癒力をアップ、つまり免疫力をアップを多くの方が期待するという訳です。

 

勿論、ブロリコはそれ以外にも風邪の予防や口内炎などの予防、更に寝起きがよくなったり、疲れにくくなったという方も多くいます。それぞれ効果の出方には個人差がりますが、試す価値はアリなのではないかと思います(#^^#)

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加