ブロリコ 成分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコの成分には、どのなものが配合されているの!?

 

 

ブロリコは免疫力を上げるサプリメントとして多くの方が愛用しています。実際に免疫力があがったという方も多いので健康面でも効果が期待できるという事が良くよく分かります。そして、その効果の秘密は成分にあると言われています。

 

ブロリコは東京大学と共同で研究し、ブロッコリーから抽出した成分を配合しているからと公式サイトでもうたっています!!

 

ですが、ブロリコに実際にどの様な成分が配合されているのかをしっかり確かめている方も少ないのではないかと思います。本当に健康に安全な成分だけなのだろうか?とか、もしかしたら添加物などで副作用の危険性もあるのではないか?なんて考える方も・・・。

 

そこでですが、ブロリコのパッケージに記載されている成分と栄養素を全てこの記事にまとめておこうと思います。まだ、ブロリコを購入まで、ブロリコの成分が気になるという方は参考にしてもらえればと思います(・∀・)b

 

 

ブロリコの成分を調査してみると!?※成分別の働き※

 

 

【ブロリコの成分】
ブロッコリー抽出物粉末、麦芽糖/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

 

  • ブロッコリー抽出物粉末 ・・・ これがメインの材料です。
  • 麦芽糖/結晶セルロース ・・・ 有効成分を錠剤の形にするために加えられます。
  • ステアリン酸Ca ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。
  • 微粒酸化ケイ素 ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。

 

この様に、ブロリコの成分というのは本当にシンプルだという事が分かります。

 

ブロッコリー抽出物というのは、私なりに調べてみたのですが、東京大学と共同研究の末に発見された成分で特殊な抽出方法でなければ得られない成分だという事でした。残念ながらどの様な抽出方法なのかは企業秘密の様でした。

 

また、添加物に関しても安全性が確認されたものが最低限使われている事が分かりました。サプリメントなどの栄養食品によく使われている添加物なので安全性には問題はない事が分かります。

 

 

ブロリコの栄養成分も調査してみると!?

 

 

【ブロリコの栄養成分:3粒(900mgあたり)】
エネルギー ・・・ 3.50キロカロリー
炭水化物 ・・・ 0.83g
タンパク質 ・・・ 0.01g
ナトリウム ・・・ 0.08mg
脂質 ・・・ 0.02g
食塩相当量 ・・・ 0g

 

ブロリコの栄養成分に関していううと、上記の内容でした。ブロリコの1日の摂取量の目安は3〜6粒です。上記の内容は3粒なので最大でこの倍量もあり得るという事でしょう。栄養成分に関してもしっかり配合されている事が分かります。

 

基本的にブロリコはサプリメントなので健康食品です。他のサプリメントや医薬品との併用も可能という事ですが、栄養成分の過剰摂取にだけはならない様にだけは注意したいところです。できる限り適正量を継続的に飲むことが重要になってきます(`・ω・´)ゞ

 

 

ブロリコの成分の特徴をまとめておくと!!

 

 

「ブロリコ成分」の特徴

 

東京大学と5年間の共同研究によりブロッコリーから世界で初めて発見された成分です。

 

自然免疫を高めると言われるアガリクス、ハナビラタケ(有効成分はβグルカン)の55倍、メカブフコイダンの60倍、プロポリスにおいては1000倍以上もブロリコの免疫活性がパワーが強い事が確認されています。

 

世界で初めて哺乳類の代わりにカイコを用いて免疫力を測定する方法を発見(国際特許取得)この測定方法によって、発見された成分です。

 

臨床試験を実施し「自然免疫」を保つことが証明された。学術論文「薬理と治療」に掲載されています。

 

国際特許を東京大学と共同で保有※日本:5394233,5491082 米国:8313779 欧州:2133693

 

三菱東京UFJ銀行主催のアワードRise Up Festa2014「先端医療・医薬品・医療機器」部門にて最優秀賞を受賞しています。

 

【補足:「自然免疫」とは】

 

人間を始め脊椎動物の免疫機構には、自然免疫と獲得免疫があります。獲得免疫は、一度体の中に侵入してきた微生物やウィルスなどの異物を覚えていて特異的にその異物を攻撃する仕組みです。

 

一方で、自然免疫は先天的に備わっていて、異物と判断した物を即座に非特異的に攻撃する仕組みです。脊椎動物などを除くほとんどの動物には獲得免疫はなく、自然免疫のみに頼っています。

 

前述のように、ブロリコは、人間での臨床試験において、NK細胞(ウイルスが感染した細胞を殺す等の役割)や、好中球(細菌や真菌(カビ等)を食べてしまう等の役割)が活性化することがわかっています。

 

上記から、ブロリコには、感染症などの病気から体を守ることが期待されます。

 

もしですが、さらにブロリコについて詳しく知りたい時は以下の公式サイトを確認してみると良いかもしれません。ブロリコの成分についてより詳しく理解できるのではないかと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

 

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加