ブロリコ 安全性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコの安全性が知りたいのだけれど!?

 

 

ブロリコは免疫機能をアップするという事で多くの方が愛用しています。実際に効果を体感したという方もいます。効果に関しては、個人差がるものの間違いのないサプリメントだと言えます。実際に私も飲んでいますが効果に関しては実感しています(´∀`*)ウフフ

 

ですが、それほど効果が期待できるブロリコですが、安全性は大丈夫なのかと気になる方もいるのではないでしょうか??

 

いくら効果が期待できるものでも安全性が分からないまま使用するというのはなかなかできいないものです。中にはサプリメントというだけで、なんだか大丈夫なのと疑ってしまう方もいるようです。気持ちはわからなくもないのですが・・・。

 

そこで、この記事ではブロリコの安全性について詳しく調べてみました。以下にはブロリコの原材料から安全性を調べた内容が記載してあります。

 

 

ブロリコの安全性を徹底チェック!!※添加物の危険性は!?※

 

先ず、ブロリコの成分から添加粒の有無を調べてみました。以下にはブロリコに配合されている添加物の成分を記載しておきますので参考にしてください。

 

 

【ブロリコの成分】
ブロッコリー抽出物粉末、麦芽糖/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

 

  • ブロッコリー抽出物粉末 ・・・ これがメインの材料です。
  • 麦芽糖/結晶セルロース ・・・ 有効成分を錠剤の形にするために加えられます。
  • ステアリン酸Ca ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。
  • 微粒酸化ケイ素 ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。

 

この様に、ブロリコの成分というのは本当にシンプルなのが分かります。麦芽糖/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素はサプリメント類でごく普通に用いられる添加物で有害性は確認されていません。

 

この事からも、ブロリコの配合される添加物による副作用の危険性はほぼないと言えます。

 

 

ブロリコの安全性を徹底チェック!!※原材料の産地は!?※

 

 

次に私が注目したのが原材料の中でもメインになる、ブロッコリーの原産地はどこかという事です。やはりサプリメントは元々、海外で流行っていたこともあり、海外の原材料を使うメーカもよくあります。

 

ですが、日本ほど原材料の管理をしている国というのは他にはないと思うのです。衛生面や農薬などは絶対に使用して欲しくないですから・・・。

 

ちなみに、ブロリコに使用されているブロッコリーはどこの産地化というと、ブロッコリーはすべて国産を使用しているという事です。必ず収穫2日以内に抽出していという事で衛生面でも、新鮮さでも最高品質のものが使用されていることが分かります。

 

 

ブロリコの安全性が確認できても、使用方法にも注意は必要です!!

 

 

近年は、高齢化が進み病院などに通う方も増えてきています。さらに、健康ブームも相まって、医薬品やサプリメントを多用する高齢者が増えてきているようです。厚生労働省の発表によれば、5〜6種類の医薬品を同時に併用している方もいるとか・・・(;^ω^)

 

さすがにこれでは健康になるどころか”薬品漬け”状態で、逆に健康に悪いのではないかと思えてしまう程です。

 

ブロリコも適切な量を継続的に飲めば効果も期待できるのですが、何でもかんでも飲めばよいと考えるのだけは避けるべきでしょう。もし、どうしても併用しなくてはいけない医薬品などがあれば医師などに相談してからにするべきではないかと思います。

 

私たち愛用者もそれなりに正しい知識を持って、ブロリコを使用する必要があるという事でしょうね(・∀・)b

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加