ブロリコ 危険性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコのにも危険性があるのか!?

 

 

ブロリコは免疫力を高め、健康的な体を手に入れるために効果が期待できると言われています。実際に私も飲んでいるのでかなりおススメの商品だという事は間違いありません。ですが始めの飲む方はサプリメントと聞くと、成分を始め色々な面で安全性も気になるのではないかと思います。

 

実際に私もブロリコを飲み始める時は、本当に危険性はないのかといろいろと調べてしましました・・・(;^ω^)

 

この記事では、ブロリコを使用する方には覚えてもらいたい内容を私なりにまとめてみました。ブロリコの危険性というよりも、サプリメントを飲む方に共通する危険性ともいえる内容なので参考にしてもらえればと思います!

 

 

ブロリコに危険性はないのですが・・・。※成分チェック※

 

 

【ブロリコの成分】
ブロッコリー抽出物粉末、麦芽糖/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素

 

  • ブロッコリー抽出物粉末 ・・・ これがメインの材料です。
  • 麦芽糖/結晶セルロース ・・・ 有効成分を錠剤の形にするために加えられます。
  • ステアリン酸Ca ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。
  • 微粒酸化ケイ素 ・・・ 錠剤を加工しやすくするために加えられます。

 

上記がブロリコの全成分になります。ブロリコの成分というのは驚くほどシンプルなのが分かると思います。

 

添加物に関する危険性はあるのかも調べましたが、サプリメントを製造する上で最低限の安全性が確認されているもののみでした。それに成分のメインになるブロッコリー抽出物も、国内産のブロッコリーを使用しているという事で産地に関しても安心できるものでした。

 

ですので、ブロリコの成分に関していえば、危険性は低いのというのが結論だと言えるでしょう!!

 

 

ブロリコの危険性ではないのですが、注意も必要です!

 

 

ブロリコの危険性という訳でもないのですが、あえて注意点をまとめておきます。近年は高齢者が多くなり病院にかかる方も多くなる傾向にあります。当然ながら体のいたるところに異常を感じる方も多い事でしょう。

 

その様な体に異常を感じる方の中には症状の改善のため、医薬品や複数のサプリメントを服用している方が多いと聞きます。厚生労働省の調査では5〜6種類の医薬品を併用している高齢者もいるようです・・・(゚д゚)!

 

一見、複数の薬の成分で症状を改善しているように思えるかもしれませんが、実はこれが大問題なのです。効果どころか副作用が起こる危険性が高くなっているのです。いわゆる薬物中毒??状態とでもいうべきでしょうか(苦笑)

 

そこのブロリコもいいからというkとで+αで飲み始めるのは、さすがに私もおススメはしません。あくまでブロリコも適量で継続的に飲んでこそです。もし、どうしても併用する医薬品やサプリメントがある場合は医師などに相談する事が大切だと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加