ブロリコ 効果 免疫力

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコの効果で免疫力アップの前に確認を!!

 

 

人は年齢が増えてくるにつれて病気や怪我をしやすくなります。何でもない時にいきなり風邪をこじらしたり、口内炎ができて体が疲れやすかったりという事もよくあります。これは本当に不思議なものです・・・。

 

そこで私なりになぜ病気などになりやすいのかを調べると、実はその原因に”免疫力の低下”があったのです!!

 

それも免疫力というのは、何もしないでも加齢と共に低下していく事が分かったのです。これはなかなか防げない理由だと思います。現に私も年齢が増えて、疲れやすくなったなと思う事が多々あります。本当に残念な事ですが、それが現状です(ノД`)・゜・。

 

上記の図は、年齢と免疫力の低下をグラフに表したものです。この記事を見てみる皆さんもどこに自分が該当しているか確認してみてはと思います!!

 

 

ブロリコの効果で免疫力アップする理由とは!?

 

 

そもそも、人などの脊椎動物の免疫機構には、自然免疫と獲得免疫があります。獲得免疫は、一度体の中に侵入してきた微生物やウィルスなどの異物を覚えていて、特異的にその異物を攻撃する仕組みです。

 

一方で、自然免疫は先天的に備わっていて、異物と判断した物を即座に非特異的に攻撃する仕組みです。脊椎動物などを除くほとんどの動物には獲得免疫はなく、自然免疫のみに頼っています。

 

ちなみにですが、この記事では紹介するブロリコはというと、自然免疫を高めると言われるアガリクス、ハナビラタケ(有効成分はβグルカン)の55倍、メカブフコイダンの60倍、プロポリスにおいては1000倍以上もブロリコの免疫活性がパワーが強い事が確認されているのです!

 

また、臨床試験を実施し「自然免疫」を保つことが証明され、学術論文「薬理と治療」に掲載されました。

 

 

ブロリコの効果で免疫力アップすると、どうなるか

 

 

これまでの動物実験や試験管内でも人の血液を使った研究から、ブロリコには自然免疫を活性化する働きがある事が確認されました。そこで、ブロリコ研究所では2011年から2月から3月にかけて、ブロリコの人への安全性、有効性を確認するため臨床試験を行ったそうです。

 

内容としては、ブロリコが実際に人の体内でも免疫の活性を上げるかについて調べるために、21名の男女(男性9名、女性12名)を対象とした治験を行ました。

 

対象者には、1ヵ月間ブロリコを毎日摂取してもらい、ブロリコ摂取前と、摂取後にそれぞれ血液検査を行いました。そして、Nk細胞の活性を測定したところ、摂取後のNK細胞活性が上昇する傾向がみられたとの事でした。

 

摂取後の血液測定に参加できない方がいたため、試験前後の血液を採れた15名についての分析です。なお、治験実施中に東日本大震災があり、本来であれば食生活の乱れやストレスからNK細胞活性は減少していてもおかしくなない状況だったとの事でした。

 

ブロリコの効果で免疫力がアップすると!!
ブロリコの臨床試験後の自覚症状について調査内容では、15名中5名が胃炎改善、脂漏性皮膚炎の改善、歯茎出血の改善、体のだるさ改善、目の疲れの改善、寝起きが良くなった、花粉症が楽になったなど、体調が良くなったという事が報告があがりました。

 

それ以外にも、3名の女性がニキビが治ったり、肌の艶が良くなったなどと、皮膚の状態が改善したという報告もありました。精神的ストレスが改善したという報告もあったとの事でした。

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加