ブロリコ 免疫細胞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコ以前に”免疫細胞”って、いったいどんなもの!?

 

 

ブロリコは免疫細胞を活性化すると言われています。免疫細胞が活性化する事で私たちは健康に暮らせると言っても過言ではないです。ですが、そもそも免疫細胞がいまいちピンとこないという方もいるかもしれませんね・・・。

 

免疫細胞が具体的にどのような病気を予防し、更に免疫細胞のアップ方法があるのかを具体的に調べてみました。以下に調べた内容は免疫細胞を理解し、ブロリコで免疫細胞をアップさせることが重要なのかを理解する上で役立つと思います。

 

 

ブロリコが活性化させる免疫細胞(NK細胞)について!!

 

免疫細胞は免疫担当細胞とも言われています。体外から侵入した異物や病原体、更に体内の悪性新生物(腫瘍(しゅよう)細胞)などを認識し、攻撃して消滅させる働きを持つ細胞の総称です。白血球の一種でリンパ組織に多いリンパ系細胞のほか、マクロファージや、樹状突起をもつ樹状細胞などがあります。

 

少し難しいので理解しにくでしょうが、リンパ系細胞には、T細胞、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞のほか、形質細胞などの種類がある。

 

ブロリコはこの中でもがん細胞などに抑制に効果が期待できるNK(ナチュラルキラー細胞)の働きを活性化させることが医学的にも証明されています。その為、ブロリコの愛用者にがん予防を期待される方が多いという事です。

 

【NK(ナチュラルキラー)細胞】

 

 

ナチュラル・キラー(natural killer; NK)細胞は、文字どおり生まれつきの殺し屋です。全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第攻撃するリンパ球です。生まれながらに備わっているからだの防衛機構です。自然免疫に重要な役割を担うと考えられています。

 

NK細胞は血液中に存在するリンパ球の10〜30%を占め、パーフォリン(標的細胞の細胞膜に孔を開けるタンパク)、グランザイム(標的細胞に細胞死を誘導する一群のセリンプロテアーゼ)などの細胞傷害因子を持っています。

 

また、NK細胞には活性化型レセプターと抑制型レセプターという2種類のアンテナが備わっています。NK細胞が、ウイルス感染細胞やがん細胞と出会うと活性化型レセプターからのシグナルが入って相手を攻撃します。

 

これに対し、NK細胞が正常な細胞と出会うと抑制型レセプターからのシグナルが優勢となり正常細胞を攻撃することはありません。つまり、私たちの健康をサポートするためには欠かせない細胞だと言えるのです。

 

 

ブロリコは免疫細胞を活性化し、加齢からくる疾病を予防します!!

 

 

免疫細胞というのは、若いころは活発に働き、規則正しい生活を送っている分にはよほど気にする方もいないと思います。現に若い方は病気になりにくい傾向にあるのも事実です。ですが、、いつまでもそれが維持できるとかというと、そうもいきません・・・(゚д゚)!

 

免疫細胞の働きを弱めるのは大まかに分けて3つ原因があります。原因を見ていくと、加齢からくる免疫細胞の低下、それ以外が不規則な生活習慣によるもの、メンタル面のバランスを崩す事なのです。特に加齢からくる免疫細胞の低下というのは誰しもが避けて通れない現実があります。

 

高齢者が風邪をひきやすいというのはよく聞く話ですし、やはり何よりも怖いのはがんなどの生命にかかわる大きな疾病です。それらを予防するためにもブロリコは飲み続けた方が良いという事も科学的に証明されています。

 

以下にはブロリコの詳細が記載された公式サイトを載せておくので参考にしてもらえればと思います(#^^#)

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加