ブロリコ サプリメント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブロリコのサプリメントが開発される経緯とは!?

 

 

当たり前の事ですが、人間というのは免疫力が低下すれば病気にもかかりやすくなりますし、そうでなくても体の調子が悪くなり生活にも支障が出てくるものです。そこで、医学界では免疫力をNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増やす事が重要と言われています。

 

ですが私たち一般人が、減っていくNK細胞を増やすには、どうすればよいのかというのは分からないものです・・・。

 

身近な手段として、自然免疫を活性化させる食品を摂取する事があげられます。東京大学では薬学部と民間企業は、身近に出回る食材の中から、どの食材がNK細胞を増やすのに有効なのかを研究したそうです。

 

以下に紹介するのはブロリコのサプリメントに秘められた効果の秘密なので参考にしてもらえればと思い案す(^^)/

 

 

ブロリコのサプリメントは自然免疫を活性できる理由!!

 

 

東京大学と民間企業が食材を調べる際に用いたのは、カイコに自然免疫を活性化させる物質を注する方法です。注射するとカイコの筋肉がゆっくりと縮んでいくとことを、そこから東京大学薬学部が発見したのです。まさに新しい測定方法です。

 

カイコは、姿かたちは人間とは違いますが、体の仕組みは私たちとよく似て、人間の期間に当たる繊維を一通り揃えているのです。その為、人と同じ病気にかかり、同じ薬で治ります。自然免疫についても、人と共通性があると考えられています。

 

 

実際に、この測定方法を用い、数十品目の食材を調べたところ、自然免疫を高めることで知られる事で知られるメカブフコイダンやアガリクス、酵母β-グルカンよりも高い活性を持つものを見つけたのです。それがブロッコリーに含まれる【ブロリコ】という新成分だったという事です。

 

そう聞くと「よし、それならブロッコリーを食べよう!」と思われるかもしれませんが、実はブロリコを抽出するには、特別な方法を用いなければなりません。と言うのも、ブロッコリーからの通常の方法で抽出したものでは、それほど高い活性を示さなかったという事です。

 

つまりブロッコリーをそのまま食べてもブロリコを効率よく体内に吸収する事はできず、そのまま排出されてしまうのではないかと考えられているのです。

 

 

ブロリコのサプリメントを使うとこんな効果がるかも!?

 

 

そこで、ブロリコを人の体に十分に吸収できるようにした機能性食品も市販されるようになってきました。民間企業が人間によるブロリコの臨床試験をしたところ、平均10%のNK細胞の活性が確認されています。

 

先ほども触れましたが、NK細胞を活性化すれば、免疫力がアップし病気にもなりにくくなります。がんの芽を排除する力が強くなるとも言われています。がんになった場合は、がん細胞の増殖を抑える働きも高くなるでしょう。

 

また、抗がん剤治療の副作用の軽減のほか、口内炎の治療や風邪の予防といった免疫に関係した病気の改善も期待できるでしょう。健康のサポート役としてブロリコのサプリメントを活用してみてはと思います(#^^#)

 

 

▼東大と共同研究で特許取得「ブロリコ」▼

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ.

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加